読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私家版・心理学の本棚

じょー、本を読んでいろいろ書くことを決意。

2015年9月22日の買い物

買いました 産業・組織心理学 応用心理学 青年心理学

日本心理学会第79回大会にて、1冊買いました。

 

『キャリア・コンストラクション・ワークブック:不確かな時代を生き抜くためのキャリア心理学』

安達智子・下村英雄 金子書房 2013年

 

キャリア・コンストラクション ワークブック: 不確かな時代を生き抜くためのキャリア心理学

前から欲しかった本です。

とりあえず、表紙がおもしろいですね。帯に書くような本の紹介が、表紙に直に書いてあります。

本の構成としては、自分のことをワークの部分に書きつつ、それを事例として、キャリア心理学の理論を身近に学ぼう、といった感じでしょうか。

15章構成ですが、1章が短めなので、とっつきやすいかもしれません。なお、各章独立らしく、どの章からやってみてもいいそうです。たしかに、目次を見るに、「2章をやらずに5章をやっても意味わかんないんじゃない?」という感じではないですね。

執筆者は7人ですが、そのうちの2人には今回の学会でお会いしていることにいま気がつきました。また、それとは別の2人に、以前別の機会にお会いしたことがあるので、7人中4人を知っているという…。個人的に親しみやすい本で、読むのが楽しみになってきました。

今回買ったのはこの1冊だけです。

 

あと、こちらもチェックしてみたのですが、結局買いませんでした。

中身はほぼワークでした。

 

『毎日おこなう弁証法行動療法自習帳』

マシュー・マッケイ ジェフリー・C・ウッド 星和書店 2012年

 

毎日おこなう弁証法的行動療法自習帳
マシュー・マッケイ ジェフリー・C・ウッド
星和書店
売り上げランキング: 159,498

 書店の人に聞いたら、こちらとセットで持っていたほうがいいそうです。

 

弁証法行動療法実践トレーニングブック:自分の感情とよりうまくつきあってゆくために』

Matthew McKay・Jeffrey C.Wood・Jeffrey Brantley 星和書店 2011年

 

手にとっても買わなかったということは、きっとわたしが治ってしまったということでしょうね。

治ってしまったら、治りたいとは思わないんですねえ。当然と言えば当然ですが。

 

なお、今年度の学会発表は全て終了いたしました。あとは、見に行くのが1件だけです。

そのときに、『現代社会と応用心理学1 クローズアップメンタルヘルス・安全』が買えるといいなあ。福村書店の人に聞いたら、見に行くだけの学会が開催される頃には刷り上がっているはずだ、という話だったので。

psychologicalbookshelf.hatenablog.com

 

ともあれ、もりもり読まねばなあ。